子供の英才教育、ロゼッタストーンの口コミ、評価は?

保育士として働くにあたって、親の方が子供たちに英才教育の一環として、英語で子供たちに接したり、英語の教育を組み込むことが出来る保育士の方を探していることもあります。
もし、自分に英語の教師として働くことが出来る能力があったり、資格を持っている方であれば、保育士として働きながら、英語の先生としても働くことが出来る立場にあると言えます。
もちろん、保育園の英語教師であれば、さほど取り込んだ英語力が必要とする機会が少ないので、保育士の資格を持っている方の中で、「英語が得意」といった方がいれば、そのような方が英語の教師として働くケースもあるようです。
そのような特技がある際には、保育士の給料も、一般の保育士の方より高額になるケースがあります。