住宅ローンを組むにはまず頭金が必要です

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金は一切かかりません!と言った広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。

銀行や信用金庫、ネットバンクでも住宅ローンをの申し込みが出来ます。

住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。

審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。

金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。

諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。

自分の家になるまでには3、4カ月の時間がかかります。

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをすると、返済額が減る事もあります。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済シュミレーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

住宅ローンを組もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関でリフォームでも使える住宅ローンを組めます。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

参考:楽天銀行フラット35に借り換え!固定金利のメリット!【デメリットは?】

住宅の購入を考えたときに、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に今は、超低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンを調べても種類が何個もあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名前からは特徴が伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が異なるのか調べてみました。

主なメリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料がかからないことがあります。

逆に、デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので利用できないことがあります。

ローン関連でたまに親子リレーという言葉を聞いたことはありませんか?どういったものかというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

住宅ローンのフラット35でも利用できるようになっており、申し込みご本人の子供やその配偶者で定期的収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合にローンの利用ができます。

この制度の有効な場面としては、親子同居で一緒に返済したい場合や、親が高齢になり家のリフォームを考えているけど新築を買う時だけでなく、借り換えや住み替えを行う時にも新築購入時だけでなく、借り換えや住み替えの時にもバリアフリー物件にするためのリフォーム時にも利用できます。

基本的にどのローンでも変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がすごくお得に見えます。

金利変動で逆に支払額が高くなる可能性もあります。

そんな可能性のことを心配したくないという人も多いと思います。

そういった方の場合は、フラット35などのローンを契約することをお勧めします。

固定型と書いているように、完済するまでもし金利が現在より下がっても恩恵はありません。

そのため、計画も立てやすいですよね。

返済額に反映されないことです。

なかなか使う機会のない住宅ローンですが利用する機会がないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35を例にして契約の流れを説明します。

新築で建てる場合では、最初に借り入れの申し込み、設計審査の申請を行い物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間前後でわかります。

審査に合格したら着工し始め、工事途中や竣工後に竣工現場審査の申請をしていただく必要があります。

竣工現場審査に通ったら借り入れのご契約や登記や抵当権の設定などの手続きが行えます。

世の中には様々な住宅ローンがあります。

銀行オリジナルのローンやフラット35のようにどこの銀行で組んでも基本的には同じ条件になるローンなど種類が多すぎてどれに決めればよいかわかりません。

他の人はどこを比較してローンを決めているのでしょうか。

特に比較されているのは金利です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば将来的に金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローン商品になるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行機関ごとに変わります。

みなさんが住宅ローンを決める際の参考にしてください。

全期間固定金利で選選択肢に入れる人の多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外にも確認したい内容があります。

それは事務取扱手数料や抵当権などの登記でかかる諸費用です。

他にも、銀行によっては繰り上げ返済時に手数料がかかるローンがあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいに設定されているのが多いようです。

また、借り換える場合、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用を支払う必要があります。

金利を下げて享受できる借り換えメリットとこれらの諸費用を比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。

住宅ローン制度についてネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が少なからずいるようです。

フラット35とは住宅ローンの中の1つです。

民間の金融機関では、全期間固定金利での高額融資は資金の調達が難しいと言われています。

資金調達が難しく、リスクがあるのでそのリスクを住宅金融支援機構が取っているんです。

主な特徴としては、金利が全期間固定で繰り上げ返済は100万円から可能、デメリットとしては、基本的に物件価格の9割までの融資になることや繰上げ返済可能額が100万円からと高額なことなどです。

住宅を購入する際の資金準備で強い味方になる住宅ローンですがローンなので当然ですが審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性が高い状況と言われているのが過去に別のローンを組んでいて支払いが滞っている場合や融資希望額に対して年収が少ないなどといった場合が挙げられます。

フラット35などほとんどのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約30%以下に収まっているかという部分もとても重要です。

例えば、今回申し込むローンの返済額は年収の3割以下だったとしても他に車のローンやリフォームローンが残っていて支払い額を合計すると超えてしまうといったこともあります。

住宅は人生で最も大きい買い物とも言われています。

その際住宅ローンを組むと思いますが調べてみるとフラット35とフラット35sという2つのプランがあります。

いったいこの2つのプランは何が違うのでしょうか。

はじめに言っておきたいのが利用者がどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

省エネ性やバリアフリー性を高めると基本的には物件価格が上がりますが高齢者等配慮対策等級4以上のバリアフリー性などが入ります。

中古物件を購入する際にもその条件を満たしていれば適用されるのでぜひ活用してください。

長期間の高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、どれを選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

専門家に相談するのが一番だと思ってもどう相談したらいいかわからないという場合もあります。

CMなどで名前を聞くフラット35について聞きたい場合は各銀行機関へ相談するのも良いですが住宅金融支援機構が開いている相談会に行くのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約がいるのでHPで会場などの情報をチェックしておきましょう。