映画にでてくる・・・?

みなさんは、イッタラ (iittala)の食器を持っていますか? 人気の映画「かもめ食堂」で登場した主人公サチエさんのキッチンです。
洗練された調理器具の数々、食器はもちろん、フライパン、お鍋・・・全てが素敵でした。
やはり、印象的だったのが、日本のおかまのような見るからに重そうなお鍋、イッタラのキャセロールではないですか。
あの映画を見ても、私もサチエさんのように、あのお鍋で肉じゃがをつくったり、ご飯を炊いたりしてみたいと、今ではみんなの憧れのお鍋です。
この「イッタラ (iittala)」の人気お鍋キャセロールは、北欧の伝統とモダンデザインを見事に融合したデザインで、デザイン賞を受賞したくらいすごいお鍋です。
木製のハンドルで、鉄のお鍋もフタも持ち運ぶ事が出来るので、そのまま北欧家具のテーブルへドスンと運ぶことも可能なのです。
また、デザインがよく、そのままテーブルに運んでもおしゃれに見えてしまう一品ですよね。
また、お鍋とフタの内側は、ホーロー加工で、清潔で、使い勝手も考えられています。
しかし、お鍋自体が重く洗う時は、多少大変いなるかもしれません。
価格は、3万円前後くらいで、普通のお鍋と比較するとやはり高価なものです。
しかし、北欧家具同様、北欧のこだわりのお鍋なので「かもめ食堂」のようなキッチンスタイルに憧れている人には、やはりおすすめですね。