金融ノンバンクってなに?

ノンバンクとは、「融資は行うけれど、貯金はできない金融機関」のことです。
ノンバンク=銀行ではない金融機関のことです。
金融機関は、銀行、信用金庫、信用組合、労働組合、農業協同組合、漁業協同組合、証券会社、保険会社、ゆうちょ(郵便局)など、そしてノンバンクがあります。
貯金を持たず融資専門で活動している会社がノンバンクです。
貸金業規制法の適用を受ける信販会社、リース会社、クレジット会社、いわゆるまち金・消費者金融、事業者金融業者などがノンバンクにあたります。
銀行や信用金庫などは、顧客から預かった貯金を資金して、融資や投資を行っています。
ノンバンクは元になる資金を持っていないため、顧客に融資を行うためには、ノンバンク自体が銀行から融資を受けなくてはいけないのです。
貯金にはコレ!【2015年おすすめ家計簿ベスト5】 | スグ得