ほけんの窓口での契約を解約したらどうなる?【ほけんの窓口活用テクニック】

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」というキャンペーン、なぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

しかし、時代の流れとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるようになりました。

保険は一生のうち家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約させたいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった相談者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

少し前のことですが、買い物に行った際に買ったものへのサポートを経験やトラブルを聞いたことはありますか。

生命保険の勧誘でも同じようなことがあるそうです。

例えば、保険の説明をしているときに不足している部分が重要だったという場合もあるそうです。

他には、保険金を請求したらすでに完治している病気の告知義務違反で保険料が請求できないこともあるそうです。

そんな時にどこに相談したらいいのかわからないですよね。

保険は人生の中で家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルの解決が得意な弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士に相談してみるのが良さそうです。

人生の中で2番目に高い買い物と言われる「保険」。

選ぶときには、慎重にならざるを得ません。

そんなときは無料相談を上手に利用すると便利です。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、会社により特典が付くところもあったりします。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

金額は数千円のようですが、いくつかの会社からもらえたら数万円になる可能性もあります。

これからの話し合いができてプレゼントまでもらえるなんて、話がうますぎるくらいです。

将来のことを考えて保険の加入を考えている方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるから、たまたま目に入ったからという選び方もいいのですが黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスを選ぶ方法もあります。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントをしているってことはFPの質が低くて強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行う、相談者の紹介の優先度を下げているなど様々な対策をしています。

ほけんの窓口のような保険無料相談会社の選び方のひとつに、クチコミのチェックがあります。

一社一社どんなFPさんがいて、提案内容はどんな風だったのか、一度詳細に調べてみると良いでしょう。

提案するプラン内容に偏りがないFPさんが良いと言われています。

こちらの要望を詳しくリサーチしてくれるので、ライフスタイルに沿ったプランであることはもちろん、それ以上の思いがけない提案に驚きながら納得するなんてこともあるとか。

良いFPさんとの出会いが会社選びを決めるでしょうから、いろいろな会社の人と面談をしてみることによって、実力を比較検討してみると失敗が少ないでしょう。

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、最初の面談等で契約をしないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

多くの人が保険を考える時期があります。

一例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、ほけんの窓口のような保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが加入当時と比べて変わっている項目が多いと思います。

なので、無料相談で今の生活状況や将来の希望に合っているか、いざという時にきちんと保障で守られるかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集しているほけんの窓口のような保険無料相談サービスをインターネット上で見かけます。

参考:ほけんの窓口での契約を解約したらどうなるの?【ほけんの窓口Q&A】

多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談をしてもらえるわけではありません。

特に、中小のサービス会社に申し込んだ場合は、大手サービス会社に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後にB社、C社にも相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際の注意事項としてA社のすすめる内容をB社に見せるとA社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

もし保険についての話が無料で専門家とできるなら、その時間をできる限り有効活用したいものです。

見直しをお願いする際のポイントとしては、今の保障内容や月額料金、またそれらのバランスはどうか?さらにはそれが自分の生活に合っているのか?ということです。

面談までの準備として人生設計について多少考えておき、できたら今の健康状態についてわかるものを用意しましょう。

そうすることでより具体的な提案をしてもらいやすくなります。

またどこの会社に面談を依頼するかということも重要なので、それについてもしっかり選びましょう。

2017年4月の金融庁からの指導により保険無料相談後に高額な商品券を相談者特典としてプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針に対して各サービスでは、商品券から牛肉やお米などの景品へ変わっています。

また、3000円程度の商品券のプレゼントキャンペーンをやっているサービスもありますが、これはルール違反、ルール・法令違反なのですぐに淘汰されていくでしょう。

もし、保険の相談を考えているのならば、キャンペーン目的ではなくサービスの質を重視して選びましょう。

すぐに相談をしたいなら保険ショップという選択肢もあります。

未知のことを体験する際にみなさんどうしていますか?最初にネットで調べる人は多いと思います。

保険の見直しについて調べていたところ保険相談無料ドットコムというウェブサイトを見つけました。

街中にある店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

将来の希望などいろいろなことを聞くので落ち着いて話ができる自宅で相談をほとんどの方が行っているようです。

また、強制的な勧誘やFP本位の提案をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく説明してくれるみたいなので安心ですね。

名が知れた会社だけでも、保険の無料相談をしているところは多々あります。

そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは想像以上に困難だと思います。

最良の出会いを求めるならランキングも参考になります。

それぞれ異なった観点から格付けされているので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

よく名前が挙げられる会社でもFPさんとの相性の良し悪しは重要なところなので、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

世の中には保険の見直しを無料でしてくれるたくさんの会社があります。

ネット予約での申し込みも可能なので、とてもライトにFPさんとの話し合いの機会を持てます。

と言ってもやはり自分でできることは実際会う前にしておきましょう。

今の保障内容はもちろんなのですが、自分のライフスタイルを考えてどんな保障があると助かるのか、または必要ないものはないか、金額はどれだけ出せるのか、今後の生活にどのような変化がある可能性があるがなど、しっかり事前準備をしてぜひ面談を有意義なものにしましょう。

最近CMなどいろいろなメディアで目にするほけんの窓口のような保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社からすると、案内した保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。